麻の手仕事日記 2024

~麻の手仕事日記 2024~

                    *栃木県の指導により麻畑は過去に撮影した写真を掲載します。   

 

 

 

01月30日

野州麻の麻ガラから作った「ヘンプクリートレンガ」を沢山作りました(^^)

吸音、断熱、調湿に優れた素材です。

使用するのは麻ガラ・石灰・水のみ。細かく砕けばそのまま土に還る、環境に優しい配合にしています。

染色などはしておりませんので、麻ガラの自然な色合いを簡単にお部屋のインテリアに取り入れる事ができます。

 

2024.01.30①.jpg 2024.01.30③.jpg

 

2024.01.30②.jpg

 

お天気によりますが、3~5日お日様の優しい光に充てれば完成です(^^)

 

 

 

01月22日

蝋梅(ロウバイ)の花をご存じでしょうか?

花の少ない今の時期に咲き始め甘く優しい香りのする黄色い庭木です。工房から車で5分程の上永野「蝋梅の里」に初めて行ってきました。

園内には6種類もの蝋梅が植えられていて、ほのかな甘い香りとうつむき加減に咲く花を見ながら散策できます。

2024.01.22②.jpg  2024.01.22①.jpg

 

蝋梅の花言葉は「慈愛」。

いつくしみの気持ちをいつも持っていられたらいいなぁ。。。

  

 

01月16日

昨年12月15日、16日に一般社団法人日本麻結様と作らせていただいた浅草神社 神明鳥居の注連縄です。

2024.01.16①.JPG

 

2024.01.16②.JPG

 

 2024.01.16③.JPG

 

 

浅草神社の氏子さま方や近隣の皆様をはじめ、奉製会にご参加くださった皆様、多くの方々にお力添えをいただき長さ7メートルのしめ縄をご奉納させていただきました。

国の重要文化財に指定された社殿を構える浅草神社さまの神明鳥居しめ縄に、私たちの栽培している野州麻が携われたことに大変感謝しています。

 

【注連縄(しめなわ)】は神社だけでなく、木や岩などにも張られ、その場所は神が宿る神聖な場所で神域と現世を隔てる境界・結界であり、厄や禍を祓ったりふる役割があると言われています。(浅草神社のホームページより)

https://www.asakusajinja.jp/

 

 

 

01月10日

今年も県内の保育園、年長組の子供たちが卒園証書作りに来てくれました(^^)

 

2024.01.10①.jpg  2024.01.10③.jpg

 

↑細かく加工した精麻を混ぜているところです。「つめたいー!!」と言いながらも、精麻の塊が残らないように一生懸命混ぜてくれました。

 

2024.01.10④.jpg

 

 

漉き枠を両手で同じ高さに持ち上げる事は見た目よりもずっと力が必要です。

小さな体で一生懸命平行に落ち上げようと頑張るお友達を周りの子供たちが励ます声が飛び交っていました。

 

今日漉いた麻紙は3月の卒園式で卒園証書となり子供たちの手に渡されます。「麻のようにスクスク真っ直ぐに育ってほしい。」という園長先生の思いから始まった卒園証書づくり。

卒園式という一つの節目に、野州麻が関われることを大変嬉しく思っています。

 

 

 

2024年01月03日

2024年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げるとともに、令和6年能登半島地震で被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

今年は新しいスタッフも加わり、さらに皆様により良いものをお届けできるよう、精進してまいります。

本年も変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2024.01.09.jpg