<種から〆麻束へ>

一本の糸のように細く、まっすぐと空へ伸びるこの植物をご存じでしょうか?

e8f228d38193b9e850bdf465dd1b1088.jpg

 

 これは、「大麻・オオアサ」です。

私たちの畑では「トチギシロ」という種類の国産麻を種から栽培し、精麻・麻紙・麻炭に加工し出荷と販売を行っています。大麻・オオアサと聞くと皆さん驚かれると思いますが、このトチギシロは品質のいい白木という品種に、無毒の在来種をかけあわせて1974年から品種を改善しており1982年に品種名「トチギシロ」として種苗登録されました。無毒アサ、無毒大麻と呼ばれTHC含有率は0.2%で産業用ヘンプの基準にも適合し、無毒の状態は毎年検査され保たれています。

第2次世界大戦以前、大麻は全国各地で栽培されていました。そのため栽培方法や各作業の手法、道具の呼び方は地区によって多少異なりますが、このHPでは私たちの畑で受け継がれてきた大麻の栽培と加工方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

麻は背丈に比べて根の張りが短く、土を柔らかくし過ぎると根が深く潜り倒れやすくなるため、なるべく根を横に這わせてしっかり立たせる必要があります。そのため3月中旬の「地ごしらえ」から麻作りが始まります。

畑の土を細かく砕土し、石や雑草などを除きながら平らに整地していきます。

 

 

 

3月下旬~4月上旬。地ごしらえを終え整地した畑に種を蒔きます。種蒔きは土の表面が乾いて中が湿っている状態が良いため、晴天の続く日を待ち総動員で行います。

 

 

 

写真2.jpg     播種機①.jpg

       写真①                  写真②

種まき 土かけ.jpg

       写真③  

写真①これは麻専用の種蒔き機で「播種機・ハシュキ」という木製の種蒔き機です。この播種機は、畝立て兼用で種を均等にしかも効率よく蒔く事が出来るうえ、蒔く量も調節出来る便利な道具です。木製の円盤に鉄棒の突起が放射状に取り付けてあります。(写真②)これは畑のような土のやわらかな場所で、車輪が空回りしないように付けられたものです。

重さは10キロ程あり、引き始めの朝はたいした重さを感じませんが、夕方にはとても重くずっしりと感じます。種を蒔いた後は足の裏で土を感じながら「土かけ」写真③を行います。種を揃えて発芽・生育させる為に、かぶせる土の量を均等にしなければならない、とても重要な作業の一つです。1日中ずっと摺り足で種に土を掛けるので夕方には腰とお尻が痛くなります。スタッフの1人は「この作業が一番きつい!!」と話していました。

 

 

 

 

写真データ3.jpg                

種を蒔いてから7日~10日後の畑です。この先は成長が遅れている麻に随時追肥をしながら、畑全体に広がる麻の成長を揃えていきます。

 

 

 

写真データ 3.jpg  

種を蒔いてから約20日後です。根元に酸素を送り、水はけを良くするために畝間の除草と土寄せの作業「中耕・チュウコウ」を行います。中耕は2回行われ、1度目の中耕を「細掻き・ホソガキ」2度目の中耕を「太掻き・フトガキ」といいます。

P4140769.JPG   P4140771.JPG

       写真④                  写真⑤

この道具は「麻掻き・アサカキ」(写真④)といいます。地区によってはアササクリ、アササクレと呼ぶ事もあるそうです。

1度目の中耕、細掻きは麻が10~12センチの頃に行ないます。刃の細い方を下にして刃と刃の間に麻を通しながら引いていきます。(写真⑤)

P4140773.JPG   P4140778.JPG

土の硬さによって持ち手の角度を変え、足で麻を感じながら後ろ向きに進んでいきます。せっかく芽を出した麻を踏まないように注意し足で麻を感じる感覚を身につけるまでには経験と時間が必要です。

 

2度目の中耕、深掻きは麻が20センチの頃に行ないます。麻掻きの向きを逆にし、刃の太い方を下に向け行ないます。

P4140772.JPG

 

 

 

 

061146.jpg   写真データ 5.jpg 

写真が少し分かりにくいですが、一ヶ月後の畑です。40~60センチにまで成長します。

 

 

 

写真データ7.jpg   写真データ 7.jpg 

二ヶ月後の畑です。120~140センチに成長をします。

毎朝、畑に行き麻の成長具合を確認しながら、日に日に私の目の高さにまで育ち大きくなってゆく姿に凛とした気持ちになり、植物の逞しさと力強さを感じます。

 

 

 

間引き?.jpg

背丈が160センチ程に成長したら細すぎるもの、虫に食われたもの、成長が遅いものを間引きします。昔は間引きを「アサスグリ」や「麻起こし」と呼び成長が遅いものを「オクレ」傷ついたものを「クズ」と呼んでいたそうです。

このトチギシロという種類は倒れにくく改良された品種なので、この時点で倒れてしまう麻は昔ほど多くはありませんが、今でも倒れた麻を起こし数本をひとつにまとめ、クズ麻で結い根元の土を固めて倒れないようにしています。

 

この間引き作業はその年の精麻品質に大きく影響します。なぜなら曲がってしまった麻茎は麻ひきしにくくなり、たとえ麻引きを行なってもよれてしまう可能性が大きいからです。また大きな傷がついた麻茎は精麻となる表皮に傷が付いているので品質が落ちてしまいます。

そのため互いの麻茎を傷つけないように整理しながら間引きを進めます。

 

 

 

写真データ 10.jpg 

三ヶ月後(6月下旬)収穫間際の麻畑です。背丈は200~230センチに成長します。近年は台風時期が早くなり、予期できないゲリラ豪雨が発生するようになりました。今まで大切に育ててきた麻が台風や大雨で傷んだり、倒れてしまわないように願う毎日です。

 

 

 

 e8f228d38193b9e850bdf465dd1b1088.jpg   写真データ12.jpg 

       写真⑥                   写真⑦ 

写真⑥は種を蒔いてから約110日後、260センチにまで成長しました。これまでの濃い緑色から淡い緑色に変わると、いよいよ収穫が始まります。

収穫は刈り取らずに手作業で根ごと引き抜きます。「麻ぬき」といい、茎を5、6本一掴みに握り両手で手前に引きながら根を折るように一気に引き抜きます。そして根に付いた土を払い、根の方を交差させるようにして畑に積み重ねて「塚・ツカ」にしていきます。(写真⑦)

このように交差させて積むのは崩れるのを防ぐためと、この後の根切り、葉打ち作業をしやすくするためです。

 

 

 

写真データ 12.jpg

これは「麻切り包丁・オキリボウチョウ」といい直刀で、刃渡りが大体50センチある麻専用の道具です。これを使い根を切る「根切り・ネキリ」と葉を落とす「葉打ち・ハウチ」を行い、茎だけになった麻を直径20~25センチに束ねます。

 

 

 

写真データ 13.jpg  写真データ13.jpg 

殺菌と収穫の際に付いた傷や汚れを落とす為、湯が煮えたぎった「鉄砲釜・テッポウガマ」で「湯掛け・ユカケ」を行います。麻の半分を湯に入れ、色が鮮やかになり茎から泡が出て数秒時間を置きひっくり返し、もう半分も湯掛けします。

煮る時間が短いと麻が青くなり、長いと品質が落ちてしまうため湯の中での微妙な色の変化を感じ取らないといけません。とても神経を使う作業です。

 

 

 

写真データ14.jpg

湯掛けした麻を風通しの良い干し場で、地面に着かないように竹を下に敷き、その上に並べ毎日ひっくり返しながら3~4日干します。雨に当たると品質が落ちてしまうのでゲリラ豪雨や台風には注意が必要です。

乾燥した麻を「〆麻・シメソ」といい、〆麻を直径45センチ程の束にして「〆麻束・シメソタバ」にします。そして乾燥している納屋へと一時保管し、一番の大仕事「収穫」が終わります。

PB010065.JPG

 

麻抜き→湯掛け→麻干しまでの行程を1日で行います。また育ち過ぎても良質な精麻に加工出来ない事と、この後の「床臥せ」時期も関係し、収穫は総動員で早朝3時~陽が暮れるまで。8月の中旬までの晴れた日はほぼ毎日行われます。