<麻の手仕事日記 2019>

    ~麻の手仕事日記~

                     *栃木県の指導により麻畑は過去に撮影した写真を掲載します。 

 

 

 

 

 

 

2019年08月01日

今日も早朝から収穫です!出勤時間はまだ薄暗い空ですが、畑に到着する頃には陽が差し始める頃には「よいしょ!よいしょ!」や「いっせーのせ!!」など様々なかけ声が飛び交い、賑やかになります(^^)

 

収穫した麻を工房に運びます。

2019.08.01①.JPG

 

湯掛けを行なうためです。

 

2019.08.01③.JPG

 

2019.08.01④.JPG

 

湯に入れる時間は決まっていません。茎から出る気泡を見て判断します。煮すぎたり、煮足りなくてもダメです!上質な精麻が取れなくなってしまうからです。

湯掛けを終えた麻茎を再びトラックに積みます。

2019.08.01⑤.JPG

↑湯気が伝わるでしょうか??茹でたてです(^^)

 

2019.07.09③.jpg

↑ハウス内に広げて乾燥させます。 

 

 

 

2019年07月30日

今日は子供達がタペストリーを作りに遊びに来てくれました(^^)

2019.07.30①.JPG   2019.07.30②.JPG

 

タペストリー作りは通常の紙漉きよりも厚めに漉くため、漉き枠を持ち上げた子供達からは「重い~!!」と声が上がっていました。

漉いた紙の上に色を付けたり、ドライフラワーや持参された貝殻で飾り付けました。子供の発想は本当に自由で、見ていると私の方がアイディアをもらったり新しい使い方は発見したり・・・。感心してばかりで大変勉強になります(^^) 

 

2019.07.30③.JPG

 

 

 

2019年07月29日

台風が去り待ちに待った梅雨空けです(^^)

台風の雨風で麻が倒れてしまわないか心配しましたが、倒れる事なく無事でした!良かった~!!!

 

今日から本格的に収穫開始!

 

2019.07.29①.JPG   2019.07.29②.JPG

 

 

 

2019年07月24日

昨日、沢山の方にNHK BSプレミアムをご覧いただき有り難うございます!

放送された麻紙布バックのご注文を沢山いただき驚いております。在庫はすぐに完売となり、受注生産にてご予約を承っております。

お待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、一枚一枚を丁寧に仕上げておりますのでお時間くださいますようお願いいたします。

 

 

 

2019年07月20日

もうすぐ子供達が楽しみにしている夏休み!の時期となりましたが梅雨明けしません(> <)

湿気が多いと収穫しても、湯掛けた麻が乾燥する前にカビてしまう事があります。せっかくの麻が台無しになってしまうので雨の日は収穫を行なわない事が多いです。

その代わり小物作りが進みます(^^)品薄が続いていたお麻もり飾り、ヒンメリ、麻紙、麻殻。。。沢山準備できそうです!

 

 

 

2019年07月13日

 

むくげ自然公園チラシ③.jpg むくげ自然公園チラシ④.jpg

 

明日から開催される秩父ムクゲ自然公園の「和ハーブフェスタ2019」

森の美術館では野州麻紙工房の作品展示・販売を行ないます(^^)今日は会場の準備です!

 

ムクゲ自然公園①.JPG

 

麻殻の門を通り抜けた中央には麻畑をイメージした様子を再現しました。

種を蒔き、畑にはまだ若く細い麻。そして収穫前の太くどっしりとした麻。

収穫から授かった精麻、皮麻、麻垢、麻殻。たった1つの植物から取れる特徴ある繊維たち。。。

 

ムクゲ自然公園③.JPG

 

左右には麻の繊維からつくったタペストリー、照明、リース。どれも元は1つの植物です(^^)

1つの植物が成長してゆく様子や、1つの植物が様々な形に姿を変えてゆく様子。

「麻」という植物を見ていただけると幸いです。

 

10万本のムクゲが咲き誇る、夏の秩父ムクゲ自然公園に是非いらしてください(^^)

 

pdf むくげ自然公園DM.pdf (1.82MB)

 

 

 

2019年07月09日

畑の麻は順調に成長し、今日から収穫が始まりました(^^)

2019.07.09④.jpg 早朝5時前。収穫に使う道具の準備。

 

2019.07.09⑤.jpg 人も準備(^^)

 

2019.07.09⑥.jpg いざ! 麻畑へ! 収穫へ。

 

2019.07.09①.jpg 収穫した麻をその日のうちに茹でます。

 

2019.07.09②.jpg 茹でた麻を広げて乾かします。

 

2019.07.09③.jpg

 

今年もハウス内一面に麻茎が広がりました(^^)

 

 

 

 2019年07月03日

お陰様で軽井沢の展示会が無事に終わりました。期間中は多くのお客様にご来場いただきありがとうございました。

「大麻」という一つの植物が繰り広げる可能性を少しでも感じていただれば幸いです。

7月は埼玉県の秩父ムクゲ自然公園で展示する機会をいただきました。こちらの展示会では軽井沢とは少し違う作品の展示・販売を行う予定です(^^)

皆様のご来場をお待ちしています!

 

 

 

2019年06月17日

ここ数日の適度な雨と晴天で畑の麻は約200センチまで大きくなりました!

 

2019.06.17②.JPG

 

これ何だと思いますか??

これは生育中のまだ若い麻です。写真左は表皮で精麻の原型です。写真右は麻殻です!このようにして生育具合を確かめています(^^)

写真の通り、茹でる前の麻はこのような鮮やかな緑色をしています。

この麻茎で麻ひきをしてみました!

2019.06.17④.JPG  2019.06.17③.JPG

↑左の写真は麻ひき前。右の写真は麻ひき後。

皆様にお届けしている精麻とは違い発酵作業をする前の繊維は透き通った白色をしています。

 

P6171239.JPG

 

収穫まであと2~3週間となりました。これからは収穫に向けて間引き作業が忙しくなります。

 

 

 

2019年06月13日

今日は明日から始まる展示会の会場設置で軽井沢に来ています(^^)

ギャラリー青さんで展示会をやらせていただくのは数年ぶりです!ちょっと懐かしい感じがします。

工房のある下永野も山々に囲まれた緑の多い地区ですが、軽井沢の緑はまた違って素敵な場所です!

 

2019.06.13③.JPG 2019.06.13⑥.JPG

 

2019.06.13②.JPG 2019.06.13⑤.JPG

 

2019.06.13④.JPG

 

置かせていただいた作品、小物たちは「麻」という一つの植物の茎から取れる精麻(せいま)・麻殻(おがら)・麻垢(おあか)という3種類の繊維で作りました。

麻の繊維だけで作る「麻紙・まし」という手漉き和紙。3種類それぞれの繊維は全く違う紙質となります。

 

麻垢(おあか)という繊維は昔100円札の原料として使われていました。

肥料としか使い道のなくなっていた麻垢ですが、当工房で作り出す麻紙布(ましぬの)やタペストリーには無くてはならない大切な繊維です。

今回は麻紙花を飾る器を初めて作ってみました。麻炭を混ぜて色をつけた100パーセント野州麻を使っています(^^)

 

たった1本の麻茎が繰り広げる様々な可能性を感じていただけたら嬉しいです!皆様のご来場をお待ちしています。

 

 

 

2019年06月10日

14日から始まる軽井沢「ギャラリー青様」での展示会用作品作りが大詰めを迎えています(^^)

P6111224.JPG   P6111225.JPG

 

↑↑新作のランプシェードは麻殻を縫うように麻垢をからませ、麻殻の間から漏れる光を意識して作りました。麻の繊維が作り出す光の陰影をお楽しみいただけると思います(^^)

ランプシェードの他に大きめに作ったタペストリーや麻紙・麻紙布で作った小物。麻香、麻茎茶などなど。。。もちろん精麻・麻殻・麻垢・麻紙の販売も行ないます!

皆様のお越しを初夏の軽井沢でお待ちしています!

 

JPG野州麻紙展.jpg

 

 

 

2019年06月06日

工房は朝から雨が降っています。いよいよ梅雨入りでしょうか。。雨が少なく成長がゆっくりだった麻ですが、この雨で一気に大きくなりそうです(^^)

 

麻引き場で究極の麻ハウスに気づきました!

 

P6031223.JPG   P6031225.JPG

 

麻の繊維(麻垢)をふんだんに使ったツバメの巣(^^)

麻垢はモコモコしていて雲のように見えるのでギャラリーや麻農家のお店では「麻雲」として販売しています。まくらとして使われているお客様や、手作り作品の飾り付けや脇役として使われるお客様など使い方は様々です。今では業者様に出荷される事がなくなった麻垢ですが、昔は100円札の原料や漆喰のスサとして使われていました。

保温性が良く温かい麻垢は巣づくりには最適な繊維なのかもしれません。温かいフワフワの麻垢に包まれてヒナ達は快適そうです(^^)

 

 

 

2019年05月31日

5月も今日で終わりです(^^)今年はとても暑い日が多かったように感じます。

種を蒔き終えてから約2ヶ月が過ぎ、畑の麻は150センチ程の大きさになりました(^^)収穫まであと40日位。。。これから最後の成長期に約250センチまで大きくなります。

 

ちょうど畑に種を蒔き終えた頃、工房の麻引き場に可愛いお客様がいらっしゃいました(^^)

 

2019.05.31②.JPG   P6031226.JPG

 

麻ひき場の中に巣を作り始めたツバメです。麻ひき場は家の中なのでスタッフが帰る時には少しだけ戸を開けたままにして見守っています(^^)最初は小さかったヒナの鳴き声は日に日に大きくなり元気に育っているようです。そして元気に育ったヒナ達の旅立ちは近い様子(^^)

  

麻もツバメ達のように収穫まで元気に育ってくれるように願うばかりです。

 

 

 

 

2019年05月23日

今日は麻剝ぎ・手引き麻ひき体験にお越しいただきました!

この体験は毎回ほとんどの方が初めて麻に触れるお客様ですが、今日ご参加のお客様の中に2回目の参加という方がいらっしゃいました。

再度、麻(収穫後の麻茎)に触れる為、足を運んでくださって本当にありがとうございます(^^)

一度ではなく二度・三度・・・。季節を変えていらしていただけると、時期による発酵の違いなども感じていただけると思います。

 

2019.05.23①.JPG   2019.05.23②.JPG

 

2019.05.23④.JPG   2019.05.23⑤.JPG

 

2019.05.23③.JPG

 

麻自体も植物ですが繊維を取り出す為に行なう発酵という作業も生き物です。自然の力を借りながら精麻にしていく過程を少しでも感じ取っていただければと思います(^^)

 

 

 

2019年05月21日

朝から大粒の雨が降っています。植物にとっては恵みの雨ですが、強すぎるとまだ成長過程で柔らかい麻が倒れてしまわないか心配です(> <)

夏の収穫時期にはしっかりと固くなる麻茎ですが、この時期はまだまだ柔らかい物が多く強い風や大雨には注意が必要です。

 

今日はご注文をいただいた麻紙の名刺麻紙を作っています(^^)

 

P1101185.JPG   P1101175.JPG

↑乾燥中の様子。

 

 

この麻紙の名刺麻紙はメッセージカードやプライスカードとしてお使いいただけます(^ ^)!

 

 

 

2019年05月18日

麻畑では中耕の細掻き・深掻きが無事に終わりました(^^)

適度な雨と気温で今年も太陽に向かって真っ直ぐグングン成長しています。 

成長するのは雑草も同じです。私達の畑では無農薬で麻栽培を行なっているため、これからは草刈り作業が忙しくなります。

 

 

 

 2019年05月07日

例年にない10日間の大型連休では沢山のお客様にカフェ、体験教室にお越しいただき有り難うございました(^ ^)

10連休という長い期間に麻紙漉きやタペストリー、撚り紐の製作など沢山の方に麻に触れていただけてとても嬉しいGWとなりました!

 

これからも皆様に楽しんでいただける体験教室を沢山ご用意し、お待ちしております(^^)

 

 

 

2019年05月04日

午後になり怪しい雲が近づいてきました(> <)

2019.05.04①.JPG

 

雨雲の切れ目。。。伝わりますでしょうか?

畑で順調に成長している麻ですが、ヒョウが降ると麻茎を傷つけ精麻の質が落ちてしまいます(> <)

 

この雲・・・。きっと雨は降るでしょう。ヒョウは勘弁して欲しい!!と強く願うばかりです。

自然が相手では私たち人間は無力だと痛感させられます。願う事しか出来ませんが、願わずにはいられない。

 

<補足>

大雨が降りましたが、麻畑にヒョウは降りませんでした。しかしわずか数キロ先の山中では2~3センチのヒョウが積もる程降ったそうです

 

 

 

 2019年05月01日

2019.05.01①.jpg

 

平成から令和へと年号が変わりました。

思い起こせば平成が始まったのは私が9歳の頃でした。当時はこの地区に32件の麻農家があったと記憶しています。

31年が過ぎ平成が終わる今は13件の農家で野州麻栽培の技術を守っています。支えてくださっている多くの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

昔から受け継がれてきた野州麻と共に平成という時代を過ごせたことはとても幸せです(^^)

これから始まる「令和」という時代、そしてその先に未来にも野州麻が生き続けていけますように。。。

皆様、これからもどうぞよろしくお願いします(^^)!

 

 

 

2019年04月26日

 

湿らせた精麻を木槌で叩き

P4261202.JPG   P4261204.JPG

 

柔らかくなった精麻を水にさらし繊維を整えます。

P4261194.JPG   P4261196.JPG

 

麻紙の上に乗せる?巻き付けて。。。

2019.04.26⑤.JPG

 

オーダーいただいた麻紙の照明を制作中です(^^)

 

 

 

2019年04月23日

一気に春を通り越し、初夏のような暑さとなりました(> <)

この気温で麻もぐんぐん成長をしています(^^)!  麻畑では「細掻き・ほそがき」が始まりました。

使うのはこの道具「麻掻き・あさかき」です。

P4140769.JPG

地区によってはアササクリ、アササクレと呼ばれる事もあるそうです。

今回は細掻きなので刃の細い方を土に向け、刃と刃の間に麻を通すように引いていきます。

ここ数日、麻の成長が早いので大急ぎで細掻きをしています(^^)

この勢いだとGW中には「深掻き・ふとがき」が始まるかもしれません。。

 

 

 

2019年04月19日

工房の麻畑は芽が生え揃いました。

畑の端から端まで芽が出ている状態は一本の線のように見えます。この状態を麻農家の間では「麻がさくわたりした」といい無事に種が発芽した事を喜びます。

 

今日は麻紙を緑の顔料で染めました(^^)

 

2019.04.19①.jpg

 

2019.04.19②.jpg

 

これは麻紙花のアレンジに使う予定です。

花に寄り添い存在感を出しながら、麻紙花を引き立てる色を模索しています。大切な方への贈り物に使っていただきたいので、妥協はしません!!

 

 

 

2019年04月12日

麻炭染め手ぬぐいを制作してます。

布は工房が厳選した麻100%の手ぬぐい生地です(^^)

麻殻を炭焼きし顔料用に特殊に加工した麻炭を使って染色しました。

写真は色を定着させるため蒸し器で1時間ほど蒸しているところです。

 

麻炭染め手ぬぐい④.jpg   麻炭染め手ぬぐい③.jpg

 

麻炭染め手ぬぐい②.jpg   麻炭染め手ぬぐい①.jpg

 

今回は3種類の柄を作りギャラリーで販売しています。

 

 

 

2019年04月10日

今年は4月になってからも朝晩は冷え込み、霜が降りる日も少なくありません。

しかし、今日は特別寒い一日でした(> <)

工房にも朝から雪が降り、麻種を蒔き終えたばかりの畑にうっすらと積もりました。

もうすぐ満開になろうとしている桜の時期に雪が降り、寒暖差で麻種が順調に発芽するのか心配になりましたが、畑をよく見てみると種から小さな芽が顔をだし始めていました(^^)

植物の生命力に驚かされます。

写真は掲載出来ませんが、スクスクと元気に育ち始めています(^^)

 

 

 

2019年04月02日

先日、種蒔きの日記を書きましたが写真で伝えられず文章のみとなってしまいました(> <)

藩種器に麻種を入れないで実演しましたのでご参考にしてください(^^)

2019.04.02④.jpg

↑↑藩種器を畑で引いている様子です。

藩種器を持ち、後ろ向きで歩きながら引いていきます。

 

2019.04.02①.jpg

↑↑藩種器の後を追うように「土かけ」している様子です。

摺り足で進みながら麻種に土をかぶせる作業です。

畑によって土の硬さも違うので、かぶせる土を見極めながら慎重に進んでいきます。

 

 

 

2019年03月28日

永野の里ではイモ植え桜がようやく開花を始めました(^^)

2019.03.28①.jpg   2019.03.28②.jpg

 

我が家では昔からこの桜が種蒔きの目安で、桜の開花と同時に私達は麻の種蒔きを始めます。

今年もこの桜の開花合図を受け、本日から種蒔きを始めました(^^)

晴天が続いていますが、週末は雨予報のため今日・明日で1町5反(約4500坪)の種蒔きを終わらせる予定です。

 

2019.03.28③.jpg

↑↑藩種器という麻専用の種蒔き道具です。

 

2019.03.28④.jpg

↑↑蓋を開け、ここに麻種を入れます。

 

2019.03.28⑤.jpg

↑↑藩種器の下です。鉄の部分で溝を作り、回転部分にあるくぼみが麻種を受け、一粒ずつ種が降りて一定量が一定間隔でまける仕組みになっています。

藩種器を追うように人が入り、溝に落ちた種に土をかぶせる「土かけ」を行ないます。

 

 

 

 

2019年03月22日

ここ数日すっかり春の暖かな風が吹くようになりました(^^)すっかり春ですね!

工房ではまもなく麻の種蒔きが始まります。今年は3町歩(約9000坪)の麻を栽培します。

今週は畑の土を起こし、細かく砕土して整地をする「地ごしらえ」を行なっています。

発芽の妨げとなる大きな石もどかします。

 

2019.03.21③.jpg

 

↓↓↓レイキと呼ばれる機械に振り馬鍬(フリマンガ)という道具をつけて、地ごしらえを行なっています!

 

2019.03.21④.jpg   2019.03.21⑤.jpg

 

2019.03.21⑥.jpg

↑↑↑この道具が「振り馬鍬・ふりまんが」です。昔は手作業で二人一組で向かい合い、振り馬鍬の取ってを持ち左右に揺らしながら土を掻いたそうです。(下写真参考まで)

2019.03.21⑦.jpg

 

この作業はかなりの労力のいる作業だが男女関係なく行なわれ、作業する二人の息が合わないと上手くいかない難しいものだったと聞いています。

 

現在の地ごしらえは機械を使い効率よく進められるようになりましたが、振り馬鍬は土に深く入れすぎると土が固くなり種の発芽を妨げてしまいます。反対に浅すぎても種が浮いてしまい鳥などに食べられてしまうため、畑毎の状態をみて作業を進めています。

 

 

 

2019年03月21日

2019.03.21.jpg

獅子頭の補修に使われる麻紐12メートルが撚り終わりました(^^)

日本の伝統文化に「野州麻」を使っていただけて大変光栄です!

 

 

 

2019年03月13日

今日は朝から快晴!!ほどよい風もあり炭焼きです(^^)!

麻茎の芯 麻殻・オガラを焼いて炭にします。

 

2019.03.13①.JPG   2019.03.13②.JPG

↑↑↑焼く前の麻殻

 2019.03.13③.JPG

 

↑↑↑釜に少量の麻殻を入れ種火にします。ここに麻殻を入れ

 2019.03.13⑥ (2).JPG   2019.03.13⑦ (2).JPG

約6時間、入れては燃やしを繰り返し行なって麻炭が出来上がります!

   

 

風向きによっては・・・煙に包まれ(> <)

2019.03.13④.JPG   2019.03.13⑤.JPG

 

こんな感じで「麻炭」焼いてます。今日は花火用の麻炭150キロを焼く予定です(^^)

 

 

 

2019年03月06日

 

増えすぎた多肉植物を可愛く飾りたいと思い、多肉玉を作ってみました(^ ^)

 

2019.03.06①.JPG   2019.03.06②.JPG

 

 吸水性のよい麻殻チップと麻垢を中に入れて土の代わりにしてみました。工房オリジナル(^^)

 そして精麻に軽く撚りをかけて紐状にしたものを巻いて作ったのが↓↓↓

 2019.03.06⑤.jpg

 

2019.03.06④.jpg

 

水やりのタイミングなど経過観察してみます!

 

 

 

2019年03月04日

食品用麻炭のお取引先様より試作の「bib リセット ウォーター」が届きました(^^)

野州麻炭製炭所の食品用麻炭と発酵紅茶のコンブチャを合わせ、レモン&ジンジャーでフレーバーしたリセット ウォーターです。早速、スタッフでいただきました!

 

蓋を開ける時にキャップから黒い粉末が落ちて、溶けていく様子が分かります(^^)

 2019.03.04.JPG

 

「ギャラリー納屋」「麻農家のお店」で販売させていただく予定です。是非お試しください!

 

麻炭製炭所で販売した麻炭が姿を変え別の商品となって返ってくる事は初めてなので、とても嬉しく新鮮な気持ちになりました!

麻炭が様々な商品となり流通していく事は私達の一つの目標です(^o^)

新しい商品をお考えの皆様、お力添えをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2019年02月14日

麻ひきの合間に麻炭香を製作しています。

20190220182929.jpg

 

麻炭パウダーに香木パロサントを混ぜて作る手作りのお香です(^^)

 

P1101206.JPG

形を作った麻炭香を数日かけて天日干しし、中までしっかり乾かします。

乾燥期間中に湿気が多いとカビが発生してしまう可能性があるのでお天気と相談して、「今日!!」という時に作っています(^^)

 

 

 

2019年02月13日

今日は精麻を作る過程で出る「麻垢・オアカ」を原料として、麻紙布・マシヌノを作りはじめました(^^)

 

PB230541.JPG

↑オアカを洗っている様子。

 

包丁をよーく研いで綺麗に洗ったオアカを切ります!

P1101191.JPG

 

P1101199.JPG

 

P1101201.JPG

 

約1.5センチに切ったオアカを半日ほど煮て一昼夜、流水にさらしあく抜きします。

そして打開機でさらに細かくして麻紙布の材料が出来上がります(^o^)

 

昔は神社などで紙衣として用いられ布のように強い紙「紙布」。多少の水にぬれても破ける事なかったそうです。

この紙布を麻の繊維(麻垢)で作れないかと思い「麻紙布・マシヌノ」が出来上がりました。

麻紙布の小物は使い込む程に柔らかくなり、美しい光沢が出て手に馴染みます。是非、お試しください(^^)

 

 

 

2019年02月09日

今日はカフェOPENしています!朝からとても寒い1日です(> <)

ここ鹿沼市下永野は、風が冷たく朝晩の冷え込みの厳しい場所ですが雪はほとんど降りません。今日は珍しく雪が舞っています(^^)

 

 2019.02.09①.jpg

 

2019.02.09③.jpg   

今日はあまりの寒さに発酵も滞り気味ですが、このようにビニールで包み保温をし発酵を促しています。写真の麻茎は麻ひきが出来る状態まであと少し!!

 

 

 

2019年02月08日

麻茎の発酵には温度がとても重要です。気温が低いこの時期は発酵が進みにくい時期です。

発酵中の麻茎は「床・とこ」という場所で管理しています。発酵に適した温度は37度~41度です。そのため寒い時期は麻茎に布団を掛けたり、藁で保温したりして麻茎の温度を保ちながら発酵を進めています。

発酵の具合で精麻の色づき方が変わります。精麻を買ってくださったお客様から「同じ質のものを購入したのに色が違うのはなぜですか?」とお問い合わせを頂戴しますが、色の違いは発酵具合の違いです。精麻の質は光沢と繊維の強さで決まる為、質によって色が違う事はありません。

麻農家のお店で精麻をご購入の際、ご希望の色がある場合には備考欄にご記入ください。時期にもよりますが、なるべくご希望の品をお届けします(^^)!

 

床の中の写真を探したのですが見つからず・・・。明日の床回しのタイミングで撮影しますね!ご興味のある方は覗いてみてください(^^)

 

 

 

2019年02月01日

今年になってから麻炭ばかり日記にしていましたが、麻ひきも毎日行なっています(^^)

 

2019.02.01①.JPG   2019.02.01④.JPG

 

2019.02.01③.JPG   2019.02.01⑤.JPG

 

床の様子を見ながら一番いいタイミングで麻ひきをしています。

 

 

 

2019年01月23日

本日も晴天!!青空の下で麻殻を炭にして花火用の麻炭を焼いています!

 

2019.01.23①.jpg

 

↑火をつけた直後の麻殻です。火を付けた後は様子を見ながら空気調整をしたり、新たに麻殻を投入し麻炭に油分と灰が残るように調節しながら焼いていきます。

今日は気温が低かったせいもあり焼き上がりまで6時間かかりました。外気温や湿度、麻殻の乾燥具合によって焼き時間や空気調節を変え油分・灰が花火炭に一番適した状態になるように焼き上げます(^^)

火を消すには蓋をして2日~3日かけて鎮火・冷却させ花火用麻炭の焼き上がりです。

来週は今日焼いた麻炭を製粉し、ようやく「花火用麻炭」が出来上がります。

 

いつも麻炭を焼くときには、日本の夏の夜空に打ち上がる大きく綺麗な花火を想像しながら焼いています(^^)!

 

 

 

2019年01月18日

精麻加工や畑作業の合間に薪割りが始まりました。

2019.01.18②.jpg   2019.01.18④.jpg

 

2019.01.18③.jpg

 

まだ先の話になりますが7月、8月に収穫する麻は収穫したその日のうちに茹でます。

茹でる際には常に湯を沸騰させておく必要があります。

強い火力を出すにはよく乾燥した薪を多く用意しておく事が大切です。そのため寒い今の時期から下準備を始めています。

 

 

 

2019年01月17日

お陰様で打ち上げ花火用麻炭のご注文が少しずつ増えております。今までの焼き場では手狭になってしまい、新たに焼き場を設置しました(^^)

 

2019.01.17①.jpg

 

携帯の電波がかろうじて入る山の中です。

 

2019.01.17②.jpg

↑このように麻炭を焼く際には多くの煙が出てしまいます。近くに住宅がないこの場所は、煙をあまり気にしないで焼ける絶好の場所となりそうです(^^)

 

 

 

2019年01月16日

今年も県内の保育園、年長組の子供達が紙漉きに来てくれました(^^)

 

2019.01.16①.JPG

 

今日漉いた麻紙は3月に行なわれる卒園式で使われます。自分で漉いた麻紙が自分の卒園証書となり子供達の手に渡ります。 

麻紙を使うのは「卒園した後も麻のようにスクスク真っ直ぐに育って欲しい。」という園長先生の温かい思いが込められているそうです。

漉き枠を両手で同じ高さに持ち上げる事は見た目よりもずっと力が必要です。小さい体で一生懸命平行に持ち上げようと頑張るお友達を周りの子供たちが励ましていたり、なかなか平行に出来ないお友達に優しく手を貸してくれる周りの子供たち。そんな子供達の様子を見ていると、とても優しい気持ちになり心温まる1日になりました。

 

 2019.01.16②.JPG   2019.01.16⑤.JPG

 

2019.01.16③.JPG   2019.01.16④.JPG 

 

子供達の人生で節目となる卒園の機会に麻紙を使っていただき大変光栄です!

 

 

 

2019年01月13日 

今日は麻炭ステックを作っています!

多孔質の麻は焼く過程でかなり小さくなります。21センチのスにテックを作る場合には25センチでカットして炭にします。

 

2019.1.13①.JPG

 

繊細な炭なので火を止めて急激にさますと割れが多くなるため、蓋をしたままゆっくりと時間をかけて冷まします。

この写真は冷ました麻炭を選別している所です。

 

2019.1.13③.JPG

 

2019.1.13②.JPG

 

乾燥した今の季節、水を張った花瓶などに麻炭ステックを入れた天然の加湿器として皆様に大変好評をいただいています(^^)

水をアロマ水にすると天然のデュフューザーになりますので是非お試しください!

 

 

 

 

2019年1月6日

 

 明けましておめでとうございます。

皆様にはご健勝にて新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

2019.1.6.jpg